新車購入こつコツWebでは、新車値引き交渉術や大幅値引きのノウハウ&値引きテクニック、自動車に関する節約、メンテナンスのコツを紹介しています!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新車の購入(乗り換え・新規購入)をきめたら・・・
※ まずは欲しい車を探しましょう!

インターネットや雑誌等を利用して、欲しい車種を具体化していきましょう。
「○○が欲しい!」と欲しい車種が決まっている人は関係有りませんが、そういう人にもやってほしい事前準備が有ります。

※ 次に販売店を調べてください!

それはどういうことかというと、例えばトヨタのエスティマの販売店はトヨタ店とカローラ店です。トヨペット店とネッツ店では取り扱いが有りません。そういった情報を調べておいてください!インターネットが便利です。各メーカーのホームページにも書かれています。

※ ライバル車も調べてください

ライバル車を調べたら競合車(きょうごうしゃ)にします。
競合車選びのポイントは、できるだけ近いタイプの車を選ぶ事です。
Lサイズミニバン同士とかコンパクトカー同士とか、価格も性格も同じ位の物を選びます。
本命以外買う気がない場合でも必ず調べてください。ライバル車をちらつかせなければ、大幅値引きは出てきません。
途中で気が変わって欲しい車が変わるなんて事もあるかも!?(実際自分は経験しています)
また同車種でも、例えば上のエスティマの例の場合トヨタ店のエスティマとカローラ店のエスティマは競合になります。

※ 下取り車査定をして下さい! <こつ!コツ!>

コレがかなり重要です。もちろんディーラーでも査定してもらいますが、その前に買い取り業者で査定をしてもらいます。
今このホームページをご覧になられている方は、出来るだけ安く!できるだけいい車を!賢く購入したいと思っている方でしょう…
値引きばかりに気を取られ、売る車はディーラー任せでは意味が有りません。
ディーラーでは下取り査定額を少なめに言い、その分値引き交渉で上乗せして安く見せかける「演出」をする事があります!
査定額を低めに見積もり、その分を値引き額に上乗せし大幅値引きに見せかけたり・・・
そのような作戦にひっかからない為にも、事前に買い取り専門業者で査定してもらい自分の車の買取相場を知っておく必要があります。
ただ買取業者によって得意な車種(欲しい車種)が違うため、業者と車種によっては数十万円の差がでる場合があります。
そのため、できれば複数社の査定を取る方がいいです。

 まずは、ガリバー カーチス等のインターネットで無料査定の申し込みをします。
(ガリバーは年間買取台数約27万台で業界実績No.1の会社です)
(カーチスは昔のライブドアオートで、今は提携を解消しています)
 カービュー では、複数社の査定を一括で簡単に依頼できます。
もちろん無料査定です。自分でいろいろな業者を探し回らなくてもOKです。簡単に済ませたい場合には便利です。

もちろん最終的な売却先は、ディーラーでも買い取り業者でも構いません一番高く買い取ってくれる所を選べばいいんです。まずは複数社の査定額を調べる事が重要なんです。

買い取り専門業者は「今すぐにでも売ってほしい」と言ってくることが多いので、最初に「○月新車購入予定なのでその頃に売却予定です」と伝えておいた方がスムーズだと思います。

査定、まずはこの2社
☆ ガリバー
買い取り実績№1
ガリバー愛車無料査定
24時間以内に電話で結果が分かります
全国約500店舗の情報網が役立ちます
☆カーチス
●あなたの愛車
●正しく買います!

中間マージンをできるだけ省いています
車売却でJALのマイルがたまります
複数社一括査定は
☆ カービュー
愛車の価格、ご存知ですか?
carview愛車無料査定
複数社の競争査定で高額査定も期待!
全国対応


      トップページから  >  1 まず最初に(事前準備)  >  2 ディーラー訪問(初回)
スポンサーサイト
※ まだ値引きの交渉はしない

試乗したり、車の説明を聞いたり、見積もりも出してもらってください。
時間が無く、短期勝負の人は値引き交渉をしてもいいかもしれませんが、本当ならまだ値引き交渉はしない方がいいです
値引きだけにしか興味が無いと思われてしまいます。
試乗したりカタログを見たり質問をしたりして、情報を収集しましょう。
情報収集をする事で新車購入の失敗が防げますし、こちらの買う気が相手に伝わりますので後々交渉が進めやすくなります。

※ 見積もりを2通りもらう(下取りの有、無)

「下取りか買い取り業者かは決めていない」「親戚に譲る可能性もある…」とか言って2通りの見積もりをもらいましょう。
ディーラーの「値引き額と下取り額をごちゃ混ぜにして分かりにくくする」という作戦に惑わされないためです。

※ こちらから具体的な数字(予算等)を言わない

見積もりを出す時に「予算は?」ときかれる場合が有りますが、絶対に具体的な金額を出さないで下さい。
ここでこちらの予算を出してしまうとその額が値引きの上限になってしまいます。 「具体的に予算がいくらとかは決まっていませんが、できるだけ安く購入したいです。」と曖昧な答えをする事が大事です。

< 失敗例 > ・・・ 以前、自分の両親がターボの軽自動車(下取り有)を購入する時にディーラーに同行しましたが、初回の見積もり時に母親がつい「100万円にして!」と言ってしまいました。
その時の見積り額は約120万でしたが、「今ならキャッシュバックキャンペーンを利用して100万円にできる」と、言ってきました。クジ引きで1等が20万円引きだったのですが、1等にあたったけど購入をしない人がいたのでその権利を内緒で譲ってくれるというのです。
下取り車も人気のターボの軽自動車で、購入予定の車はフルモデルチェンジ直前だということで、もっと値引ける思いましたが、予算を言ってしまったので「軽自動車なのでこれ以上の値引きはできない」の一点張りになってしまいました。
結局母親は、自分のアドバイスで違う系列のディーラーに行き、同じ車をさらに10万円近く安い値段で購入しました。(下取り上乗せ&値引き)
ちなみに無理を言って値引きしてもらった訳ではありません。このディーラーのセールスマンとは良い関係でその後も色々と面倒を見てくれているようです。
先に予算を言ってしまった失敗例です。 ・・・


※ 今乗っている車の査定もしてもらって下さい

査定額提示の前に 「どこか他のところで査定をしてもらいましたか?」「いくらでしたか?」と聞いてくる場合も有ります。
事前にガリバー カーチスの買い取り専門業者で査定をしてもらい、「○○(1番査定額が良い所)で査定をしましたが、なかなかいい値段を出してくれましたよ」等と曖昧に言います。
この時も決して具体的な値段を出さないで下さい。
最初は下取り額を少なめに言って値引き額にしてしまうという相手の作戦を封じ込めるためです。
ディーラーの方が高価買取が可能な場合でも、他の買取業者の査定額を言ってしまうとそれ以上の査定額は出してくれません。
複数社で査定をしてもらっていて買取の相場が分かっていますので、ディーラーも正直な査定額を提示してくると思います。
愛車を高く売るコツのページも参考にしてください。

※ 見積書をシンプルにしてもらう

最低限必要なオプション(フロアマット・バイザー等)以外を外してもらいましょう。 最初はボディーコーティングやナンバーの枠やガラス撥水加工等のオプション満載の見積書が提示されますので、これらのオプションは外してもらって結構です。
もちろん付けたいオプションは契約前に付けます。つけたままだと車両本体からの値引き額と、オプション品の値引き額がごちゃ混ぜにされてしまいます。
いったん外しておけば契約直前に格安でつけてもらえる可能性もあります。
営業の人にも「まだ付けるか やめるか 検討中なので、とりあえず外しておいてください」言っておいてください!
また、カーナビやアルミホイール、スタッドレスなどディーラーよりも他で買ったほうが安い物もあります。
 ⇒ 
カーナビは楽天市場で買いました。品揃えも多く安いです。
 ⇒ 
アルミホイールもネットで買いました。タイヤホイールセットなら交換するだけなので簡単です。

※ 競合車種も回ります

姉妹車や他社のライバル車種を回ります。競合車種は出来るだけ同じような大きさ・価格の車で、3車種くらいをピックアップしましょう。 競合車種回りでも必ず上記の方法を行います。必ずオプション等も同条件で見積もりをもらってください(ここでも2通ずつ)。これがバラバラだと比較しづらくなってしまいます
ただここでも具体的な金額は言わないこと!○○さんはどの位の値引きでしたか?と聞かれても教えない事。「結構がんばってくれるみたいです」とか言っておきましょう。
本格的に競合させるのはもう少し後からです!

☆ 試乗も色々して見ることをオススメします。

色々な車を試乗してみると、それぞれの良い点悪い点が見えてきます。本命車種の試乗だけだと、いい点しか見えない事もあります。
自分はこの結果、本命車種と競合車種が逆転し競合車の方を購入した事があります。
セールスマンとの相性もありますし、色々な車を比較するのは当然のことです。
安い買い物では無いんですから…


  1 まず最初に(事前準備)  >  2 ディーラー訪問(初回)  >  3 ディーラー訪問(2回目)
2回目の訪問から本格的な値引き交渉が始まります。

ここでは正解はありません。自分の満足のいく結果がでれば成功なんです。ただし いくつかのポイントがありますので参考にしてください。

※ まだ具体的な金額を言わない

2回目の交渉ともなると相手も本気でこちらの気持ちを探りに来ます。「予算は?」とか「どの位の値引きが希望ですか?」としきりに聞いてくると思いますが、まだ具体的な金額は言いません。
早い所ではこの辺で「もう限界です」「精一杯です」と言ってくる場合も有りますが、まだ値引き交渉はスタートしたところです。
こちらの作戦がバレないようにしてください。

また、「今日決めてくれたら○万円値引きします」と言ってくると思いますが、コレは気にする必要はありません。「そんな簡単に決めれる事ではありませんので」等と言い、軽く流しましょう。
ただ時期によっては、本当にその時期だけの値引き価格の場合もありますので注意が必要です。
新車購入時期のコツのページも参考にしてください。

※ 買う気を見せる

買う気の無い人には良い値引き額を出してきません。それは当然です。 「○○(ライバル車)と迷っている」「値引きしだいでは早々に決めたい」等と買う気を見せつつ交渉を進めましょう。

※ いい人間関係を築く

営業の人だって人間です。あまりにも無茶を言う人や、横柄な態度の人には値引きしたくなくなります。いい情報が有っても教えてくれません。
分からないところは素直に相談し、常に笑顔で気持ちよく交渉しましょう。
これは、かなり重要な事なんです。購入後のアフターサービスにも影響してきます。

※ ライバル車のディーラーも回ります

ライバル車も同じ方法で交渉します。この段階で値引きが渋い所は切り捨ててしまっても構いません。最後は2車種くらいの競合にもって行きましょう。
本命の値引き額が良ければ、それをぶつけてみても良いでしょう。
競合車同士で競い合わせても良いと思います。

※ 各車種同時進行にする

本命が3回目の交渉なのに競合車は1回行っただけではうまくいきません。
同時進行にしないと上手く競い合ってくれません。
上手く「競」い「合」わせてこそ、「競合」です。

  2 ディーラー訪問(初回)  >  3 ディーラー訪問(2回目)  >  4 ディーラー訪問(3回目)
そろそろ交渉も終盤に入ります。あまりだらだらと交渉しても、買う気が無いのでは?思われてしまいます。勢いも大事です。

※ 本格的に競合させます

ここで競合車種の値引き額を言い、競合させても良いです。
方法は自由ですが「自分はこの車が気に入っていますが、○○(ライバル車)の値引きが多いので家族が反対しています」というのもかなり効くと思います。
<自分はこの車が欲しい>と言うのを強調する事が大事です。
営業の人も、もう一押しで契約できると思い、大胆な値引き額を提示してくる場合があります。

※ オプションの値引きを交渉します

オプションからも値引きしてもらったり、取り付け工賃をサービスしてもらったりします。目標は20%引き位ですがそれ以上可能な場合もあります。
最低でも10%は値引きしてもらいましょう!
インターネットで安く買ったカーナビ、カーオーディオを工賃のみ払ってディーラーで取り付けてもらう場合も契約前に交渉しておいたほうが良いです。
詳しくはオプション値引きのコツのページを参考にしてください。

※ 諸経費のカットを交渉します
例えば納車費用のカットや車庫証明手数料、下取車査定料のカット等です。
無理そうな場合は、諦めましょう(笑)
セールスマンとの良い関係が崩れないように…

※ 家に来てもらう方法もあります

店で交渉するよりも自分の家で交渉する方が値引きを引き出しやすいと言う人もいますが、自分は苦手なのでやりません。
自分のやりやすいスタイルで行えばいいと思います。

  3 ディーラー訪問(2回目)  >  4 ディーラー訪問(3回目)  >  5 ディーラー訪問(契約時)
ダメ押し段階では契約を前提とした交渉になります。

※ どうしても買いたい事を強調する

「自分はどうしてもこの車が欲しいんですが、家族が反対しています。後○万円値引きをしてくれれば許可してくれるんです」と、どうしてもこの車を買いたい事を強調します。「どうしても欲しい」という部分を強調しないと、「他で買ってください」って言われちゃいます。
その位ギリギリの勝負なんです。

※ 無理は言いすぎない

ギリギリの勝負なので下手をすると今までの交渉がダメになってしまう危険性があります。これからのお付き合いもありますので、自分の納得できる金額になったら契約しましょう。
雑誌では「目標値引き額」が書かれています。値引き額は地域によっても差がありますし、店舗によっても差があります。
もちろん目安として使うには良いですが、本当の「目標値引き額」は「自分の納得できる額」だというのを忘れないようにしましょう。

※ 最後はお互い笑顔で終われるように

車を購入した後の付き合いも大事です。
カーライフの相談にものってくれます。自分も車の事で分からない事があればディーラーに聞きに行きます。
なんだかんだ言っても最後はディーラーが頼りになります。

  4 ディーラー訪問(3回目)  >  5 ディーラー訪問(契約時)  >    トップページへ     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。