新車購入こつコツWebでは、新車値引き交渉術や大幅値引きのノウハウ&値引きテクニック、自動車に関する節約、メンテナンスのコツを紹介しています!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新車購入したくなったら、すぐにでも欲しくなってしまいます。

焦りは禁物です!少し時期をずらすだけで値引率が大幅に高くなる事があります。

※ 決算期をねらう

新車の値引き率値引き額が一番拡大する時期が、決算期です。
3月の本決算と9月の半期決算の年2回のチャンスです。
年度実績はメーカーの決算書(成績表のような物)に影響してくるので、メーカー側も必死で売り上げを伸ばそうとします。
ディーラー側でも販売台数を増やしメーカーからの報奨金を増やしたいので、この時期は必死です。そのためにビックリするような大幅値引きがでる事があるんです。
また、競合車の方でも同じように値引き額を拡大させてきますので、相乗効果で値引き額が拡大します。

このように複数の条件が重なり合って一番値引き上限額がアップしますが、誰でも安く買えれるわけではありません。私たちが1万円でも安く買いたいのと同じで、相手は1万円でも高く売りたんです。
購入のコツを知っている人だけが、安く買えるんです。

(注) 決算月の3月に新車を購入するといっても、3月登録をするということです。 3月登録するためには早ければ1月位から情報集めを行い、2月に値引き交渉を行い2月末~3月初めに契約をしないと登録が間に合わないので注意が必要です。
車種によっても納車にかかる期間が違いますので注意が必要です。
同じく9月登録するには8月末位の契約が必要です。

※ ボーナスセールをねらう

7月12月には、各ディーラーでボーナス商戦を繰り広げます。決算期に比べれば地味かもしれませんが、この時期にも値引き率値引き額が拡大します。

この時期の購入をねらう場合も1ヶ月以上前からいろいろ調べて、セールで一気に勝負をかけるというスケジュールになると思います。

※ モデル末期をねらう

モデルチェンジ直前にはディーラーは在庫を持ちたくないので、安売りしてでも売ってしまいます。5年位に1回のフルモデルチェンジと、小さなマイナーチェンジがあります。
またモデルチェンジ直前でなくてもモデル末期の車種では値引き額が拡大していますので、上記のセールと組み合わせれば良い条件がでやすいです。

スポンサーサイト
購入の時は複数社まわって見積もりを取りますが、下取り車はディーラーまかせという人もいるようです。
これは、もったいないです。 

値引きテクニックも大切ですが、下取りテクニックも大切です!

※ 買い取り専門専門業者にも査定をしてもらう

ディーラーでは最初は査定額を低めに言って、その後の値引き交渉で通常の査定額にアップ?(本当は最初の額をダウンさせているだけ)し、値引き額の一部にみせる作戦を使ってきます。

このような作戦に引っかからないためにも、自分の車の正しい査定額を知っておく必要があります。

もちろん最終的にディーラーの下取り査定額の方が買い取り業者の査定額よりも高ければ、買い取り業者は断ればいいんです。
大事なのは自分の車の正しい価値を知ることです!

 買い取り業者のガリバー カーチスはインターネットで無料査定の申し込みができます。
ガリバーは年間買取台数約27万台で業界実績No.1の会社です。
ラビットは所さんのCMのオークションを得意とする会社です。
カーチスは昔のライブドアオートで、今は提携を解消しています。

※ 複数の買取業者に査定してもらう

買い取り価格は店によって大きく違う事があります。
ワゴンやミニバン・4WDが得意な店、軽自動車・輸入車が得意な店、業者により数十万円の差がでる場合もあるようです。

 カービュー では、複数社の査定を一括で簡単に依頼することもできます。もちろん無料査定です。
上に書いた大手二社でも十分ですが、カービューは加盟店が多く地元業者への査定もできますので試してみるのもオススメです。

※ 洗車と車内の掃除をする

これも結構大事なポイントです!
査定の前に洗車と車内の片付けをしましょう。
車種と年式、走行距離で大体の値段が決まりますが、最終的には人間の目です。綺麗な状態であれば「大事に乗っていたんだな」と好印象を与えます。
軽く洗車して、車内の清掃をやりましょう。

※ キズや凹みはどうするか

そのままでOKです!
修理業者に依頼してキズや凹みを修理しても、修理代の方が高くついてしまいます。
ミラーを木の枝等でこすったキズやドアノブの爪での引っかきキズ等の細かいキズは、WAXやコンパウンドで磨けば取れてしまいます。結構大きなキズでも浅いキズなら消せてしまってビックリする事もあるので、試してみる事をオススメします。

査定、まずは
☆ ガリバー
買い取り実績№1
ガリバー愛車無料査定
24時間以内に電話で結果が分かります
全国約500店舗の情報網が役立ちます
☆カーチス
●あなたの愛車
●正しく買います!

中間マージンをできるだけ省いています
車売却でJALのマイルがたまります

複数社の一括査定は
☆ カービュー
愛車の価格、ご存知ですか?
carview愛車無料査定
複数社が競争査定で高額査定も期待!
全国対応
3年から5年で車を乗り換える方は、リセールバリューを気にして新車を購入した方が良いです。
リセールバリューとは「数年後に車を売る(リセール)時」の「価値(バリュー)」の事です。
数年後の事で流行もあるので100%の予測は不可能ですが、コツがあります。

※ 人気車種を選ぶ

人気のある車は中古車市場でも人気があるので、リセールバリューも良いです。
軽自動車は人気があり比較的リセールバリューが良い車種が多いようです。
買い替えを考えれば、マイナーで売れていない車種よりも人気がありよく見かける車種を選ぶほうが良いという事です。

※ 人気色を選ぶ

ホワイト、シルバー、ブラック等の無難な色が人気です。
「普通すぎてつまらない!」と思う方もいると思いますが、個性的な色はリセールバリューの面では不利になる事が多いです。
ただし個性的な色でも、その車のイメージに合っていれば人気が出る場合もあります。例えば黄色いスポーツカーなんて似合いますよね?
色だけで下取り額はかなりの差がでる事が有りますので注意が必要です。

※ 12月購入より1月購入にする

中古車雑誌を見ると「平成○○年式」とかって書いてありますよね?
12月に買うのと1月に買うのでは年式が異なります。
特に短い期間で売ろうとするほど、影響が大きくなるので注意が必要です。

- あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】  -

たまたま欲しい車が「不人気車種」で「個性的な色」だった場合はどうしようも有りませんが、こまめに新車を乗り換えたい方はリセールバリューも気にした方がいいです。
ただ、今は人気が無い色でも数年後には人気が出て高値で取引されることもあるので難しいです。

新車で購入して「10年以上乗るぞ!」って方はあまり気にする必要はないかもしれません。
自分の好きな車に乗りましょう…
ワンプライス車とは、値引き交渉無しで販売する車の事で、例えば広告に掲載されている特別価格車や限定販売車等がそれです。
その他にも型落ち車がワンプライス販売されている事もあります

このような車の値引きは、本当に不可能なのでしょうか?
可能な場合もあるので交渉してみましょう。
どうしてもダメなときでも使えるテクニックがあります。

そのテクニックとは

※ オプション品の値引きを交渉する

車両本体からの値引は無理でも、オプション品からの値引きは可能です。
「これは絶対に欲しいんですが、予算オーバーになってしまいます。何とかなりませんか?」等と交渉します。
ワンプライス車は、ディーラーとしてはどうしても売りたい車なので、オプション品をかなり値引きしてくれる場合があります。
オプション品の値引きによっては、車の購入自体を見送る可能性があることを強調しなければいけません。
「絶対買ってくれる人」には必要以上の値引きはしてくれません。

※ 手数料のカットを交渉する

諸費用(手数料)のカットを交渉しましょう。
納車費用や車庫証明代行料等です。
これらは簡単にはサービスしてくれませんが、ワンプライス車を購入するのであれば、ある程度強気に言ってもいいかもしれません。

※ 下取り車の買い取り額のUPを交渉する

交渉が限界まできたら最後に下取り額のアップを交渉しましょう。
「○万円買い取り額をアップしてくれれば今契約します!」というのが使えると思います。
最後の一押しに有効です。
愛車を高く売るコツのページでも説明しましたが、複数の買取専門業者に査定をしてもらい自分の車の正しい価値をしっている事が重要です。

(注) 限定車の場合は売切れてしまう事も有りますのでスピードも必要です。
事前準備もしっかりしていかないと間に合いません。

新車の見積もりは
下取り予定車の一括査定は

オプション値引きの大体の目標額は10~20%値引きですが、交渉しだいでそれ以上がねらるかもしれません。

ただし注意が必要です!!あまり初期の段階でオプションの値引きを迫らない事です!

愛車を高く売るコツでも説明しましたが、営業マンは査定額と値引き額をごちゃ混ぜにして値引きの演出をします。
それと同じで、「車体購入金額からの値引き額」と「オプション品からの値引き額」をごちゃ混ぜにして、分かりにくくしてきます。

良く○○のオプションをサービスで付けてもらったと喜んでいる人がいますが、ちょっと待ってください!

例えば車体値引き上限が50万円の車があったとします。
この車を値引き額15万円で商談中、カーナビの話をだしたとします。
営業マンは「値引き額はこれで限界ですが、今なら定価30万円のカーナビを今なら特別に5万円で装着できます」といってきます。
こんなお買い得な事をいってきます。
しかし冷静に考えてください!
値引き額は「カーナビ25万円」「車体15万円」で「合計40万円」の値引きです。
値引き上限は50万円ですよ!10万円の余裕が…
実際にはカーナビもある程度値引きできますので20万円近く?の余裕があるかもしれません。
ディーラー訪問(初回)のページでも書きましたが、交渉初期段階では見積書をシンプルにしておかなければいけません。

交渉最終段階では、こういうパターンもあります。「30万円のカーナビを付けてくれればもう10万円値引きできます」と言うパターンです。
しかし冷静に考えてください!
コレは新車を10万円値引きをしてくれたのではなく、カーナビを割引販売してくれただけです。
これで「値引きに成功した」と思わせ、契約に持ち込みます。

このような演出に引っかからないために、オプション品の値引きはある程度終盤で交渉する方が得策です。

また、メーカーオプションのカーナビを後付けのカーナビにすることで自動車取得税を節約する事にもなります。

※ カー用品店で購入する。

カー用品店の方がオプション品よりも安い事が多いです。
例えばカーナビ、メーカーオプションの純正ナビより安く高性能です。
ディーラーオプションのカーナビでも同じです。
ディーラーオプションのカーナビとはカー用品店と同じ商品(SONYとか)をディーラーでも扱っている物です。
これはカー用品店でも同じ商品が並んでいますので値段が比べやすいです。
カー用品店の方が安いのが分かると思います。
ただしディーラーでは車体の値引き額・オプション品の値引き額・下取り査定額をごちゃ混ぜにして「値引き額の演出」をしている場合が有りますので比べにくい場合もあります。

※ インターネットで購入、カー用品店で取り付けてもらう。

ちなみにカー用品店の持込み工賃は通常工賃の1.5倍~3倍程度ですのでオススメ出来ません。

安く買えて、取り付けでも安心もできるのが、

※ インターネットで買い、ディーラーで取り付けてもらう。

これは自分がカーナビで実際にやった方法で、10万円以上の節約に成功しました。
以前自分はカー用品店で購入&取り付けをしていましたが、この方法に変えました。
何故かというと、
① インターネットの方がカー用品店・ディーラーよりも安かった
(一番安いのがインターネットでした)
② カー用品店での取付より、ディーラーでの取付の方が安心できる
(カー用品店のアルバイトさんに取り付けてもらうのはチョット)
③ ディーラーなら納車前に取り付けてくれる
(カー用品店取り付けの場合、納車後に車を預けなければいけません)
という理由からです。
自分は購入交渉段階でディーラーに頼んでおきましたので、通常工賃でやってくれました。
また、純正のバックカメラと接続してもらいました。


この方法を使い、純正ナビより安い値段で純正ナビより高機能なカーナビを安く装着できました!


※ インターネットで買い、自分で取り付ける。

カーナビ、カーオーディオ等の取り付けは普通の人には無理ですので、取り付けの手間がかからない物限定です。
自分がこの方法を使ったのは、アルミホイールです。
タイヤとアルミホイールのセットで購入すれば、交換は簡単です。自動車学校で習ったタイヤ交換と同じです。
(注)アルミホイール購入の際はナット(ネジの事)付かどうかを確認してください。ホイールに合ったナットで締め付けないと、脱落の恐れがあり危険です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。