新車購入こつコツWebでは、新車値引き交渉術や大幅値引きのノウハウ&値引きテクニック、自動車に関する節約、メンテナンスのコツを紹介しています!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト
エンジンオイルとはエンジン内部で、潤滑・冷却・防錆・密封・清浄等の重要な仕事をしているオイルです。つまり「エンジンオイルとは人間でいう血液のように重要な物」なんです。
ベースとなるオイルに各種の添加剤を配合して作られています。

特に最近の自動車はエンジンの耐久性が向上し、エンジンオイル交換をしっかりやっていれば壊れないとまで言われています。

エンジンオイルを正しく理解してトラブルを予防しましょう!

エンジンオイル交換は一回1000円~5000円程度です。エンジンオイルの交換を怠り、エンジンが壊れてしまうと数十万円の修理代金が発生する可能性があります。

エンジンオイル交換は「とても大切で簡単なメンテナンス」です!

エンジンオイル交換時期のコツ
・・・ いろいろな説もあり、誤解も多いエンジンオイルの交換時期。
いろいろな使われ方の車があり、オイル交換の時期も異なるのは当たり前です。
ここでは、「よくある使われ方」をしている「普通の自動車」のオイル交換時期のコツを紹介しています。

エンジンオイルの選び方のコツ
・・・ このページでは、「難しそうなオイル選び」の「簡単な選び方」を紹介しています。
オススメのエンジンオイル交換時期は「5000キロか6ヶ月のどちらか早いほう」です。

何故6ヶ月で交換しないといけないのでしょうか?

セカンドカーや、買い物にしか使用しない車などは5000キロ走る前に6ヶ月が来てしまうと思います。
走行が少ない車は、ちょい乗りが多いと思います。「ちょっとスーパーまで」とか、「塾の送り迎え」とか…
短距離走行の繰り返しはエンジンオイルにとってかなり過酷な条件なんです。(シビアコンディションといいます)
エンジンが温まりきらず、蒸発しきれない水分がオイルに混入し劣化が進んでしまいます。
そのため、走行距離が少なくても6ヶ月での交換が必要になるのです。

※ カー用品店やガソリンスタンドではエンジンオイルの売り上げを伸ばしたいので3000キロ・3ヶ月と薦めていることが多いですが、一般的には5000キロ・6ヶ月で充分だと思います。
※ カーメーカーでは1万キロ・1年と薦めていることもありますが、特に上記のような厳しい使われ方(シビアコンディション)の場合やターボ車などは5千キロ・6ヶ月が指定されている事が多いです。

☆また、エンジンオイルエレメント(オイルフィルターとも言います)という物があります。これはオイルの汚れをろ過するフィルターだと思ってくれて結構です。

一般的にはオイル交換2回に1回のエレメント交換が推奨されています。

走行距離が少なめな車ではエレメント交換は車検毎でも良いと思いますが・・・

頻繁にエレメント交換をするよりも、その分エンジンオイルその物にお金を使ってやったほうが良いと思います。オイル交換の回数を増やすとか上級のオイルを入れるとか、そっちの方がエンジンのために良いと思います。
オイルエレメントも大切な部品です!
簡単なエンジンオイルの選び方のコツです。

まず車の取扱説明書(メンテナンスノート)を見てください。

エンジンオイルのページには必ず指定粘度指定グレートが書いてあります。オイルの銘柄名が書いてある場合もありますが、これは気にしなくてもOKです。

10W-30
などと書いてあるのが指定粘度です。

SAE粘度規格というもので、10Wというのが低温時の粘度を表しています。このWの前の数字が小さいほど低温時の粘度が低く、始動性が良いということです。
そして30というのが、高温時(100℃)の粘度を表していて、この数字が大きいほどより高温時に安定した油膜を維持できるという事です。
粘度の数字が小さいオイルほど低燃費のオイルといわれています。最近では0W-20等の低粘度オイルが指定されている車も増えています。
指定と同じ粘度のオイルを選べばいいんですが、違う粘度のオイルでも良いです。その場合は指定粘度よりも範囲の広いオイルを選ぶのが簡単です。
10W-30が指定粘度なら、低燃費をねらって5W-30を選んだり、エンジン保護をねらって10W-40を選んだりしてもOKです。
(ターボ車ではエンジンオイルが非常に過酷な条件になる(超高温になる)ので指定よりも柔らかいオイルは選ばない方が良いかもしれません)

次にSNやSMと書いてあるのがAPI規格といわれるものです。
アルファベット順で、SAから始まりSB・SC・・・・・SM・SNと規格が新しくなっています。
指定された規格以上のオイルを選んで下さい。

ここまでが簡単なエンジンオイルの選び方です。これを理解したうえでカー用品店にいくと、安いオイルから高いオイルまで数多くの種類があり迷ってしまうと思います。
値段の差はベースオイルの差で、一番安い鉱物油・化学的に分解して作られた高価な化学合成油があります。また、化学合成油に鉱物油をブレンドして作られた部分合成油というオイルもあります。
新品の安価なオイルの性能は、劣化した高価なオイルに劣る場合もあります。
かといって高価なオイルならば長持ちするという訳ではありませんので注意して下さい。

部分合成油は値段と性能のバランスが良くオススメです。
自分は粘度が合っている「安売り」の部分合成油を探しては使っています。カー用品店の広告をチェックしてみてください!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。